上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が納得できるものを

今朝の地元新聞に亀ちゃんが載ってたよっ(*^_^*)

『常に闘ってます』。そう言って笑顔を見せた人気グループ『KAT-TUN』の亀梨和也は、舞台に映画、音楽活動にテレビと昼夜関係ない厳しいスケジュールに追われている。

試練に立ち向かい、自身にさらなる課題を与えることを楽しんでいるようだ。

9月に東京・帝劇のミュージカル『ドリームボーイズ』に出演する。『舞台は出たとこ勝負。

始まったら、稽古の時間がなかったことは言い訳にできない。

何より自分のために、納得できるものをやらなきゃいけない』。座長としての自覚を口にする。

今回、ステージに立つのは八乙女光や、玉森裕太ら、後輩ばかり。

先輩だからと意見を押しつけることは好まず、後輩からアイデアを引き出そうと努めている。

『毎回キャストかわ変わる中で、自分がどう存在したらいいのか。周りの意見を受け止めて、考える時間を自分に作ってあげたい。そこから生まれるものがあると思う』

個人で幅広く活躍するが『KAT-TUNというチームがベースにある。優先順位は一番上』。

8月には新番組がスタート、チームの結束もさらに強まりそうだ。

もうすぐ、待ちに待ったドリボだねぇ♪

私は、FC枠も一般も全滅したけど…優しいツイのフォロワーさんに譲って頂けそうです(*^_^*)

ドリボ、ダメ夜、映画と楽しみいっぱいだねぇ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

スポンサーサイト
2011年度「第15回日刊スポーツドラマグランプリ(GP)」

秋のドラマ選考で「妖怪人間ベム」(日本テレビ系)が四部門を制した。

「妖怪人間ベム」は作品部門のほか

亀梨和也・・・主演男優

鈴木福・・・・助演男優

杏・・・・・・助演女優

最終回で、視聴率40%の「家政婦のミタ」は、作品部門3位

松嶋菜々子は、主演女優圧倒的、1位

3月に実施予定の年間最終決選考で、
各部門5位までノミネートされる。

3人共、いい作品に出会って良かったねっ!最終決選考に残ってくれるといいねん♪

それから、バクステ当選した皆さんおめでとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

私は・・・というと、年末にiPhoneに機種変更してしまいf^_^;)メールがくるわけがなくて(/ _ ; )

後は、ライブの当落を待つのみ・・・

早く知りたいよぉ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


今週の水曜日に、地元の新聞に妖怪人間ベムの記事が載ってたよっ!

ドラマ「妖怪人間ベム」
主演・亀梨和也

悩みながら感情表現

「趣味はカメラ。休みの日に散歩をしながら風景や動物を撮っています」と話す亀梨和也=川崎多摩区のスタジオ

ある晴れた、ぽかぽかと暖かい亀ちゃんがお休みの日に、偶然出逢えたら…

なんて、ちょっと想像したりしてみたりして(^^;


帽子にそっと手をあて、流し目の亀ちゃん、いい表情してるよねぇ~(*´∇`*)

「今まで踏み入れたことのない役だったので、楽しみな気持ちが大きかった。何ら戸惑いはありませんでした」。ベムの衣装に身を包み、きっぱりと言いきる。

妖怪人間のベムは基本的には感情を表さない。

「所々で感情を入れなければならないので、歩き方や表情など表現の仕方に毎回悩んでいます」と明かす。

人間になりたいのに、悪事を働く人間を目の当たりにするベムの姿には哀愁さえ漂う。


「姿が醜い妖怪人間を通じ、実は人間の醜さを描いている。人間は姿形はきれいにしていても、心の醜い部分がありますから」


「人として忘れてはいけないものを感じてもらえる作品。どの世代の人が見ても飽きないと思う」とアピールする。


「『こんな役をやってみたい』と思うよりも、今は『投げ掛けてもらった役にどう応えるか』に関心がある。

もっといろんな作品に参加して挑戦したいですね」。好奇心は尽きない。


これから、もっと色んな役に挑戦して、俳優・亀梨和也の枠をどんどん大きくしていってほしいよねっ(^-^)b

今日の4時15分から、やっと…妖怪人間ベムが見れたよぉ~♪

先週は、ツイのみんなとリアタイしたくて…鍵穴で見たんだけど…画像は、めっちゃ悪いし…途切れ途切れだし…(T_T)

やっぱり大画面で見たぁい!だよねぇ( ̄▽ ̄)b

もう~やっぱり田舎はアカンねぇ~!

亀ちゃんの哀愁を漂わせる演技…素敵♪だよねぇ!

杏ちゃんも口は悪いけど…母性愛を感じる様な…温もりがある演技…

福君の笑顔は、やっぱり和むよねぇ(*^-')b周りのみんなが、思わず微笑みたくなる…

「チェッ」とか「めんごめんご」とか…昭和の香りがして…なんだかタイムスリップしたかの様に…懐かしい気持ちになる…

後、少しで2話が始まるねっ!今日もp(^^)qって鍵穴で見てみよーかい(^_^;)



MAQUIA 亀カメラ
VOL.11ファッション

「自己表現もあるけど、癒しのほうが大きい。いつもそばにいて、励ましてもらってる」

今日は普段着のパンツとTシャツに、ふとニットを合わせたくなって、ミントグリーンのセーターを引っ張り出して重ねた。

アクセサリーはお気に入りを装備。1日中、取材デーだし、行き帰りしか私服にならない。

ぶっちゃけジャージでもOKだったんけど、何だかそれしゃ“今日”がもったいない気がして、ほんの少しだけ着るものを気遣ってみた。

アクセサリーや靴も好きだけど、実はいちばん目がないのがバック。

亀ちゃんは、ドラマに入る時は、気合を入れるために必ず新しいバックを買うんだって…

この写真のグリーンのバックは、新番組「妖怪人間ベム」の為に気合をいれたのかなぁ??

女っぽい服が苦手なのはみんな似た感じに見えるから

今はそんなにこだわりがない。いかにも女の子っぽい花柄のワンピースよりも、辛口なスタイルのほうが好きだけど、それは洋服だけの問題じゃない。

ふりふりのワンピースは、女を押しだし過ぎている気もするし、着ている人がみんな似ているように見えがちなのが苦手なんだと思う。

女の子の服は、その人自身の内面や芯の強さが見えるものが好き。好きな服が似合う人はカッコいいよね

確かに…ファッション雑誌でモデルさんが素敵に着こなせてても…いざ自分に合わせてみると(--;)って…あるよねぇ~!

どんなに流行ってても、ブランド物でも、自分に合わなきゃね(*^-')b

私は、洋服を見に行くと…
結局、最初にパッとインスピレーションで感じた服に戻るんだよね(^_^;)

自分にとって、着心地のいい洋服が一番だねっ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。